からだに気を付けて、こころに気を付けて

先日、MMA未来患者学ザ・ファイナル「コロナ後の世界と健康医療の未来」を視聴しましたが、講師のおひとりである、小野陽子先生の言葉が印象的でした。

「からだに気を付けて」

と同じように

「こころに気を付けて」

コロナ禍でストレスも増えますが、ストレスを受けると、

胃が痛い

ぜんそくが出る

生理痛がひどい

など体の症状に現れるかたもいれば、

うつ病

不安症

など心の症状が出る方もいますよね。

でも、どちらも繋がっていますよね。

何か悩み事があると、胃が痛くなる方や、

逆に生理痛がひどいと、メンタルも落ちますよね。

からだはしんどいけど、こころはめっちゃ元気やで~とはならないし。。。

まさにこころとからだは両輪ですよね。

意外なことに、うつ病は女性は男性の2倍なりやすいんですって。

意外というのは、私の勝手なイメージだったわけですが。なんとなく男性の方がデリケートなイメージでした。

2020年は前年より女性の自殺者が増加したんですね。

コロナ禍だから、友だちにも会えないし、気分が上がらないのはしかたない、と軽く片付けずに、なるべく、第三者に早く発見してもらう事。

うつ病は発見が早ければ、治るのも早いということです。

女性のメンタルヘルスは、脳の神経伝達物質の影響をうけます。そして、脳の神経伝達物質は、女性ホルモンの影響を受けることが分かっています恋の矢

女性ホルモンを知って、味方につけましょう~

そして、お人に会えなくても今は、いろいろオンラインでイベントがありますよね。少し勇気を出して参加しましょう~

イベントはちょっと、というかたは、もちろんオンラインでご相談ください。

Follow me!