幸せホルモンと呼ばれるセロトニンは約90%が腸でつくられるって知っていましたか

Facebookで繋がってるお医者さんが、最近かかれていたんですが、幸せのもとセロトニンは腸で作られるって、検索してみました。

資生堂さんの記事に

滋賀県立大学の出典 : 滋賀医科大学「痛みと鎮痛の基礎知識ーPain Relief 神経伝達物質」

幸せホルモン『セロトニン』(念のために、、、正確にはセロトニンは物質であってホルモンではありませんが幸せホルモンっていう愛称になってるようです)てっきり、脳で生み出されているものだとばかり思っていました
で、本当なのか出典先も検索しました。(資生堂さん、疑っているわけではありませんよお)
すると、以下の文章がありました

生体内では 90%が消化管のエンテロクロマフィン細胞に、8%が血小板に、1-2%が中枢神経系に存在している。
セロトニンは、行動には抑制的に働くが、気分は興奮させる方向に働く。
睡眠、体温調節、性行動、摂食、神経内分泌、認知、記憶、生体リズムなどの生理機能に関与し、不安、攻撃性、衝動性、強迫、気分障害、統合失調症、自閉症、薬物依存などの病態と深く関係していることが知られている。
先日、幸福度について書いていましたが、いろいろシンクロしてくるんですね
「モノアミン酸化酵素は、やる気を出すドーパミンやセロトニンなどをお掃除するので、結果、心配が多く、不安になりやすいんですって。」
と書きましたが、鬱病などの薬はこのモノアミン酸化酵素の働きを、つまりお掃除しないように阻害するお役目を持っているわけです。モノアミン酸化酵素って働き者なんですねえ。私ならすぐお掃除怠けるんだけどごめんなさーい。

今のところ、このモノアミン酸化酵素自体を減らすにはどうしたらいいのかは研究過程らしくって、となると、セロトニンをどう増やせばいいんだろう、と考えていました。

今受けているご相談にもとても関わりがあるので知りたいのです。

セロトニンが腸で作られるのが90%だということは食事で栄養を摂って、腸の機能がよく働くようにしてあげればいいわけですね。

詳しい食事の内容はまたお伝えします。
明日からすぐに実践できることがありました。
起床後に朝日を浴びること。太陽の光が網膜に入るとそれがスイッチとなりセロトニンの分泌がスタートします。セロトニンには、身体を活動モードにして心のバランスを整える効果もあるそうです。

新型コロナのパンデミックの影響で、ずっと外に出ずお日様の光も浴びずに部屋にいたら、鬱っぽくなる方が増えてしまうのは、当然のことだったんですね

学校に行きたくない

仕事したくない。

自分でもわからない。
進みたいのに進めなくなっている。

お部屋のカーテンを開けて陽の光を取り入れることから始めたら、一歩すすめるきっかけになるかもしれません

そんなことで進めるなら苦労しないよ、と思われるかもしれませんが、ぜひ、やってみてくださいね

Follow me!