結婚してからのお金や、いろんな変化への不安があれば、話してくださいね。

今日、あるバラエティ番組を観ていて、いつも結婚したいと言いまくっている未婚のタレントさんがMCだったんですが、結婚したら給料を全部渡すかどうかの話になり、いや、絶対に渡さない、生活費として一定額を渡すけれど、自分の収入の額にびっくりするだろうから言わないということでした。

びっくりするほど稼いでいらっしゃるんだな、というのは、予想できますが、それでもへえ~っという感じです(笑)

給料を全部渡すのか、生活費を渡すのか、それは、もちろん結婚する二人が話し合って納得すればそれぞれでいいと思うんですが、収入の金額を言いたくない、というのは、疑問でした。

ゲストの皆さんも、結婚して収入を隠すというのはどうなの🤔と言ってました。

言いたくない、その理由は、交際してるときに、例えば欲しいものがあっても、もっと安い店を探すとか、なるべく安い方を買おうとして努力していた彼女が、結婚して自分の収入を知ったら、そんな努力をせずに、安いものを探さなくても買えるよね、と変わるのが嫌だということでした。

渡した生活費も何に使ったのか、知らないのも嫌だと。
余れば返して欲しいと。
ここでも、みんなひいてましたが😅
一度渡したのに余ったら返して欲しいなんて言えないよ、と、また言われてましたね😌
じゃあ、渡す額は余らないように金額を考えて渡さないとだめだな、と。

まあ、彼の結婚ですから、この考え方に共感するパートナーがいたら、私がとやかくいう必要はありません。
危惧するのは、
お金に対する考えに限らず、結婚してから、パートナーが変わらないことを求めていること😅

結婚して、一緒に生活して、出会いも増えて、いろんな経験も増え、年齢も重ねて、それこそパートナーだけが変わるのでなく、
お互いが変化し成長していくのではないでしょうか。

お互いの変化を認められなければ、離婚に繋がることもあるかもしれません。

でも、生きていく以上、変化を恐れていたら前に進めないですね🤯

ある友人の話を思いだしました。

結婚したときは、会社員の妻でしたが、すぐに夫が自分で事業を起こした時には、収入がどんと減り、妻は仕事を掛け持ちして子どもを育てながら支えました。
買い物は、なるべく安いものを探しました。
プリンは食べたくても賞味期限が切れる前の値引き品しか買わないと。
それから、夫は大成功しました。
彼女は何が嬉しい、って、プリン一個でも、鞄でも値段を見ずに買い物が出来るようになったことだと。

彼女の話は極端な例かもしれませんが、結婚してから、何が起きるかなんて誰もわからないし、パートナーがどう変わるかもわからない🤣
というか、
結婚したらどう変わるかなんて、パートナーのことどころか自分のこともわからないです。
二人がどうお互いの変化を受け止めて、どう寄り添うのか。
変わることが悪いと決めていませんか?

あなたの結婚に対する不安おしえてください。ご相談ください。

Follow me!