男性はわざわざ自分だけで、結婚式とかしらべませんよ~

男性が女性に比べて、結婚に関する知識が少ないのはしかたないです。

交際中、彼女がゼクシィを手に入れてきて、一緒にみようよ~とか言うのであれば、別ですが。

女性は、自分ひとりでも読んでいろいろ情報を得ようとします。

しか―し男性は婚活中であってもゼクシィを本屋でわざわざ手に入れないでしょうね。

すると、彼の情報元は・・・親、兄弟姉妹、周りの友だち、職場の同僚。

親への挨拶、プロポーズ、婚約指輪と結婚指輪、新居、家具などなど

男性はあまり情報がないのだと覚悟しておいた方がいいですね。

なので、私の会員さんが男性側であれば、もちろん仲人からいろいろアドバイスはします。

相手側が男性であった場合は、相手の男性の仲人さんにお任せするしかありません。

仲人どうし密に連絡はとりますが、やはり、その男性の性格によっては、仲人さんからあまりやいやい言えない場合もあります。

すると、男性の思惑と、女性側の思惑が全く違う場合があります。

婚約指輪の場合

男性の考える婚約指輪

婚約指輪の意味は知らない。結納はしないんだから、婚約指輪もいらないと思ってた。

自分の弟は渡していなかった。

職場の同僚に聞いたら、今は渡さない場合もあるんじゃない?と言われた。

そんなに高くなくてもとにかく渡すだけでもいいのではないか、と考える。

ネットで見た安価の客寄せの価格をそのまま信じて、その価格で手に入れられると思っている。

女性の考える婚約指輪

一般的な婚約指輪の価格を知っている。

男性の年収も知っているし、結婚に向けて使う予算もきいたし、金額的に無理ではないのでもらえると思っている。

結婚している友だちがもらった婚約指輪の価格をだいたい知っている。

すでに、宝飾品は自分で買ったり、母親からももらったりしている。

こういう場合は、女性と作戦を練りまして、男性に伝え方を考えます。そして、信頼できる指輪やさんに先に女性と下見に行って、こちらの状況と気持ちを伝えておきます。

この男性がケチだということではありません。

女性は、ただただ高い指輪が欲しいと思っているわけではありません。

そして、二人の価値観が違うという話でもありません。

ただ、この男性は女性にとっての婚約指輪の価値も、相場も知らなかったから、ここで予算を削っておこうと考えただけ。

知らないということを価値観が違うというように捉えないでくださいね。

周りのサポートで知ってもらえば、無理のない範囲で、

お互いの気持ちに寄り添う

ことができます。

結婚生活をスタートする前にお互いに持たなくてもいい不満を生まないようにしましょう。

成婚退会されたあとにたくさんきめないとならないことがありますね。仲人さんに頼めない方のお手伝いもします。遠慮なくどうぞ~

Follow me!