大事なものを失いたくないからこそ、避けずに真摯に向き合うことが必要なんですね。

こんな素晴らしい映画にご縁させていただいたことを時間が経てば経つほどありがたいなあって思う、ながはまふみこ婚活予備校です笑い泣き

 

7月27日は、映画かぞくわりの熊本での上映会です恋の矢

熊本には昔仕事でお世話になった方がおられます。

お勧めしたので是非観に行って欲しいです音譜

この映画は、とっても不思議なご縁で私にとって思い入れの大きな映画です。

こちら

 

 

素晴らしい先生方の中、トークショーにも登壇させていただきました恋の矢あり得なーい笑い泣き

そのため、5回?観る機会をいただきました。

長濵文子にとって、一生の思い出をいただきましたラブ

本当にありがとうございますラブラブ

また関西で公開されますように音譜

 

この映画では夫婦関係、親子関係の真のコミュニケーションが取れていなかったせいで、家族がバラバラになっていたところから、あるきっかけで家族再生していこうとみんなが寄り添っていくんですね。

 

婚活も夫婦関係も親子関係もお仕事も本当にコミュニケーションが大切ですね。

コミュニケーションって、一生かけての課題かもしれません。

 

誰でも、何かを失いたくなくて肝心なところに触れることを恐れることもありますね。

でも、真のコミュニケーションを取らないでいると、かえって大事なものを失ってしまうかもしれませんショボーン

 

コミュニケーションとは面白おかしい会話ばかりではありませんね。

 

交際相手やパートナーの本当の気持ちを知ろうと思うと、苦しいこともあります。

でも、そこに触れるとややこしくなりそうだから、失いそうだからとか、面倒だからとか、避けてしまうことによって、問題は知らぬ間に大きくなっていきます。

 

時と場合によっては適度な距離感も必要ですが、相手が知ってほしいと求めているときにはそれに応えることが必要ですね。

 

先日、婚活中の男女にこんなことがありました。

女性は男性が考える結婚後の生活を知りたかったんですが、男性は女性に対して好感を持っていたがためにわざと核心に触れずにいました。

女性はそう捉えましたが、彼はごまかそうとしたわけでなく、断られることが怖くて、女性が嫌がるであろうことを伝えることを無意識に避けたんだと思います。

でも、内容より以前に、真摯に向き合わない態度を見せた男性に女性は不信を抱いて、ご縁がなくなってしまいましたえーん

 

相手が真剣に向き合ってくれたときには、同じく真剣に向き合わないと、不信につながってしまいます。

 

大事なご縁を逃さないように、コミュニケーションを大切にしたいですね。

 

Follow me!